抜群のフェラテクを持つデリヘル嬢

スラッとした身体の激カワデリヘル嬢

小生はデリヘルが好きでお金に余裕がある時はデリヘルを頼んでいる。
ただデリヘルを頼むときに苦手な事があって、それが電話指名なのだ。
お店の男性スタッフに言われるがまま女の子を決められてしまうので
中々当たりと言う女の子に出会えずにいた。
これも小生が気弱な性格なのが原因なのだが。
だが今回は失敗したくないと思ったので
初めてメールで女の子を予約することにした。
最近のお店ではメールも受け付けるお店が増えてきたので
本当に良い時代になったと痛感する。
小生の好みのタイプとプレイスタイルをきっちりと記入して送信すると
お店からタイプにあった女の子の写メが送られてきた。
女の子の写メを見てふむふむと納得し予約完了。
待ち合わせ時間に指定された場所に向かうと
スラッとした体つきだけどお胸とお尻が強調されている
美女がこちらにむかってきた。
こんな人だったら良いのになぁ…と思って素通りしようとすると
小生の携帯が鳴り始めた。
慌てて出てみると目の前の女性が喋り出したのだ。
まさに奇跡…と大喜びの小生だったが、なんとか顔に出さずに
女性と挨拶を交わした。
さっそく近くにあったラブホテルへ一緒にチェックイン。

思わず延長する程の気持ち良さ

部屋に入るなり小生のズボンを脱がせて即尺を始める彼女。
いきなりでさすがに驚いたがあまりの気持ち良さに
それどころではなくなってしまった。
即尺されて3分くらいだろうか。我慢の限界を迎えてしまい
彼女の口に大爆発してしまったのだ。
発射してベトベトになったチンポを綺麗吸い上げて
お掃除フェラまでしてくれた。
突然の事だったのでベッドで唖然としていると
彼女は慣れた手つきでお風呂にお湯を溜めはじめた。
そしてその間に小生の服を全て脱がし全裸にしてきた。
完全に彼女に主導権を握られてしまったが
なんとか彼女の服を脱がせることができた。
そして一緒にお風呂に入りベッドで二回戦に突入した。
彼女にフェラと素股どっちが良いか聞かれたので
二回目のフェラをお願いした。
さっき味わった濃厚なフェラチオをまた体験したいと思ったからだ。
二回目なら次は長く我慢出来ると小生は思っていたのだが
考えが甘かった。彼女の超絶なフェラテクを前に
またもやすぐに爆発してしまったのだ。
年齢的に復活は遅いと思っていたが関係なしで精子を絞られてしまった。
その後も申し訳程度に小生が彼女を攻めて
あっという間に時間が過ぎて行った。
最後にもう一度フェラをしてもらいたくなったので
少し時間を延長して三回目の射精。
まさかこの年で三回も抜くとは思わなかったが
彼女は今までの中で一番の当たり嬢だろう。

免責事項

当サイトでは、エロや風俗情報をメインに多数掲載しておりますが、その全てにおいての真偽を保障するものではありません。ご利用の際はご自身の責任で判断いただきますようお願い致します。また、当サイトのコンテンツ全てにおいて無断転載はお断りしております。